神待ち掲示板を利用する少女は本格的な家でというより、プチ家出中の子が多い

神待ち少女という言葉を貴方は聞いたことがありますか?

知らない人が見ると、宗教的な神様を待っている少女かと誤解するかも知れませんが、

彼女らが言う神とは、

「家出をしている自分に、住むところと食事を与えてくれる人」のことです。

本当に困っているときに、助けてくれる相手は神様のようにも思えるものですから、この表現は決して行き過ぎではないと思います。

 

なので時々聞く「神待ち掲示板」などは、

何らかの事情で家出をし、泊まるところもお金もない女の子たちが、

自分を泊めてくれたり、ご飯を食べさせてくれる男性を募集している掲示板ということになります。

こうした神待ち掲示板を利用する少女は本格的な家でというより、プチ家出中の子が多いようです。

 

女の子たちからすれば、お金が無くても食事や宿泊先が確保できるというメリットが。

応じる側、つまり「神」側になるユーザーとしては、家に泊めたり、ちょっとご飯を奢るだけでも若い女の子とお喋りが出来たり、感謝されるというメリットがあります。